• 学校案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 高校入試
menu close

卓686 西国事情

水越 卓治 2022.11.18

陽も傾く3時半。


( 2022/11/18  15:25  守谷市 高野 )

黄葉・紅葉も徐々に落葉の時期に移り、
教室外を彩る秋の景観も終盤を迎えています。



( 2022/11/12(土)  9:00  視聴覚教室 )

4年生(高一)、
「聖徳プロジェクト」(総合的な探究の時間)。
この日は探究・問題解決ネタではなく、進路ワーク。
大学の学科や学問について、
スマホで検索したり、相談したり。

一方、こちらは5年生(高二)。


( 2022/11/16  10:22 5年B組・地理A )

修学旅行明けの5年生(高二)たちも、
期末考査(11/29~12/2)までの最後の単元に
懸命に取り組んでいるところです。

今週は、長崎や熊本のお菓子をいろいろと頂戴しました。
一昨年と去年は栃木・那須の銘菓をおいしく頂きましたが、
九州産の顔ぶれとは3年ぶりの再会となります。


( カレー豆は、長崎県民にとって「やめられないとまらない」な「チェリー豆」の、スパーシーバージョンで、これも嬉しい限り。

ゆっくりといただいているところですが、
熊本銘菓「誉の陣太鼓」はわが家でも大人気の一品ゆえ、
家で切り分けるのが恒例・・・をこれも久々に。

しかし、3年の歳月とはおそろしいものですね。
お粗末なことに、


( 2022/11/15  21:28  切り始めて気付いたぶにゅぶにゅ感。 )

陣太鼓は冷蔵庫で冷やしてからナイフを入れた方が
きれいに切れるのだということを
すっかり忘れていたのでした…。

その上、お皿の上でではなく、キッチンペーパーでという
あたりも、待ちきれなかった感が半端ではなかった顕れです。
でも、ぶにゅぶにゅ陣太鼓をおいしく賞味。

その二日後のお昼休み。
「先生、あんこは好きですか?」
とたずねてきた5年生2名からいただけたのが陣太鼓。


( 2022/11/17  13:13  切り分け用のナイフ付き。 )

熊本県内を移動中に配られたバス内おやつの陣太鼓が
とてもおいしかったので、その日の宿泊地のお土産タイムで
見つけてきたのだそう。「え?あった?」「あったよう。」

見たもの、出てきたもの(←食事など)の話だとか、
中学時代はコロナ禍で、修学旅行や宿泊学習が全然なかったの
だとか(奈良や京都には行けてなく…)、
いろいろ話していたら、すぐに掃除の時間が。

いただきました陣太鼓、こんどは帰宅後すぐに、
冷蔵庫最上段にお通ししました。陣太鼓・リベンジ。

思えば九州修学旅行引率の思い出は1992年から。
当時の5年生も今はXX歳(私の10年下)。

ときおり、九州北西部という行先について、
いろいろと意見も聞きますが、そこには、

他国・他文化との交流史の濃さや、
大自然の恩恵や驚異、
諸産業が生み出す地域性などに、
千キロ離れた関東とは異なる魅力が秘められています。

ヨーロッパだと、飛行機で千キロも移動すれば、
3~4か国は普通に跨いでいたりもします。

日本の場合、細長いのだけれど、日本語が全域で通じる、
歴史的に統一されてできた国家・国土のサイズというものも、
ヨーロッパと比較して実感できる部分があるように思います。

いつか機会があれば、プライベートで是非また。




「記事一覧」へのリンク
ARCHIVE

P.S.
後半ダイジェストはこちらです~
九州修学旅行~第4日目から最終日まで