• 学校案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 高校入試
menu close
特別進学コース・進学コース

国公立大・難関私立大の現役合格を目指す。
普通科 特別進学コース
[ 吹奏楽コースを含む ]

充実したカリキュラムと授業を通して、生徒たちの学びに向かう姿勢を育成します。
協働的・探究的な学びのサポートと、きめ細かい個別指導で、総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)で
問われる力を身につけると同時に、予備校いらずの充実した補講体制でハイレベルな一般入試にも対応しています。

変化する大学入試に対応し、多様な学力を育み、生徒一人ひとりの強みを生かして、進路実現を徹底的にサポートします。

変化する大学入試に対応し、
多様な学力を育み、生徒一人ひとりの強みを生かして、
進路実現を徹底的にサポートします。

興味関心を広げ可能性を引き出す進路指導

興味関心を広げ可能性を引き出す進路指導

生徒たちの素朴な興味・関心を広げ、深めていくさまざまな仕組みがあります。
高校1 年生の段階から、学外のさまざまなイベントに参加し、専門書に挑戦し、友人・教員と議論を深める中で、自分の興味・関心が学問領域の中にどう位置づくのか、どのように社会問題と関わっているのかを生徒たちは気づいていきます。
そうした学びが、確かな進路選択とその進路実現を強力に後押しします。

「探究」が創る丸暗記ではない本当の学力

「探究」が創る丸暗記ではない本当の学力

本校が全校をあげて取り組んでいる「探究的な学び」は、生徒たちの一つひとつの学びを深く充実したものにします。
取手聖徳プロジェクトに基づく総合的な探究の時間や進路探究だけでなく、授業での学びも、深い問題意識を持って学びに向かう生徒たちにとって、単なる知識の習得ではなく、自分の課題を解決するための生き生きとしたものとなっています。

希望の進路を実現するための多様な大学入試に対応できる本当の人間力を養成

希望の進路を実現するための多様な大学入試に対応できる本当の人間力を養成

現在進行中の大学入試改革では、総合型選抜・学校推薦型選抜のみならず一般入試でも、ペーパーテストで測られる学力だけでなく、表現力や主体性、他者と協働する力など多様な力が問われています。充実したカリキュラムを通して生徒たちはそうした本当の学力を身につけています。また、最高レベルの一般入試にも対応できる充実した補講も完備。予備校いらずのサポート体制です。

バランスの良いカリキュラムで、あらゆる進路に対応。
普通科 総合進学コース
[ 吹奏楽コースを含む ]

自分は何に興味があるのか。将来自分は何がやりたいのか。
進路について考えるさまざまなしかけと教員との徹底した面談を通して、一人ひとりが自信を持って進路を決定。
多彩なMYカリキュラムがその実現を強力に後押しします。

学習以外でも部活動や行事など、好きなことに思う存分取り組もう!充実した高校生活を過ごしながら希望の進路へ。現役進学率100%を誇ります。(総合進学コース 2021年度実績)

学習以外でも部活動や行事など、好きなことに
思う存分取り組もう!充実した高校生活を過ごしながら、
希望の進路へ。現役進学率100%を誇ります。
(総合進学コース 2021年度実績)

キーワードは「探究」。生徒たちの「知りたい」を学びに向かうモチベーションに

キーワードは「探究」。生徒たちの「知りたい」を学びに向かうモチベーションに

「授業」「補講」「取手聖徳プロジェクト」その全てを通じて、生徒たちは「知りたい」という気持ちを大事に育み、学ぶことの楽しさを実感していきます。「勉強なんか嫌い」と言っていた生徒が先を争うように職員室の学習スペースの席に集い、人前で話すことが苦手だった生徒が授業中のプレゼンテーションで目を輝かせながらいきいきと発表するようになります。

進路への気づきを与える多彩なしかけと充実の進路相談

進路への気づきを与える多彩なしかけと充実の進路相談

進路ガイダンスだけでなく、すべての授業と取手聖徳プロジェクトのカリキュラムが進路を広げるきっかけになります。また、「先生との距離が近い」は全ての在校生・卒業生が口をそろえて言う本校の魅力です。進路指導のプロフェッショナルが徹底的に一人ひとりと向き合って納得の進路を実現します。

「高校時代に力を入れたこと」が進路の実現を強力に後押し

「高校時代に力を入れたこと」が進路の実現を強力に後押し

本校の卒業生が充実した進路を実現しているのは学業の成績だけではありません。学校行事や部活動に積極的に打ち込んだその努力と実績が、総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)での強力な強みとなっています。一人ひとりが高校生活を通じて打ち込めることを見つけ、全力でそれに取り組める環境が取手聖徳にはあります。

普通科 吹奏楽コース
学びのポイント

普通科 吹奏楽コース

普通科で吹奏楽を学ぶ

普通科に通いながら、大好きな音楽を学びたい。そんな高校生にとってピッタリなのが、取手聖徳女子の普通科吹奏楽コースです。高校2年次・3年次に、吹奏楽専門科目(吹奏楽基礎・アンサンブル演習・ソルフェージュ・楽典・合唱・ピアノなど)を週に最大6時間選択可能。優秀な指導者によって、生徒の音色や表現力を引き出しています。そして、生徒は仲間との一体感や感動を何度も味わいながら、豊かな人間性を育んでいます。

コンクール・コンテストに出場

生徒一人ひとりが“主役”となって輝けるよう、吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストにも積極的に挑戦しています。 上位進出を目指して、計画的かつ実践的なレッスンプログラムを実施。過去に、関東・東関東吹奏楽コンクール25回出場、全日本アンサンブルコンテスト4回出場、東関東アンサンブルコンテスト23回出場の実績を打ち出しており、生徒たちはこれらの経験を通じて自信をつけ、大きく成長しています。

難関大や音大に多数合格

面倒見が良く、きめ細かな進路指導を行っていることで高い定評がある取手聖徳女子。もちろん、きめ細かな進路指導は、吹奏楽コースでも大いに発揮しています。進学先は聖徳大学を始め、筑波大学などの国立大学、早稲田大学や慶應義塾大学といった難関私立大学、そして、東京藝術大学など。多くの卒業生が自らが望む進路を叶え巣立っています。