• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 入試情報
  • 進路
  • 学校生活
menu close
  • 取手聖徳の特色
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
女性キャリアのプログラム

「女性キャリア」は、自分自身の未来を自らの手で切り拓くことのできる〝自立した女性〟を育てるための、取手聖徳女子中高独自のプログラムです。

 体験活動、講話や講演、調べ学習、個人やグループでの執筆や発表など、さまざまなプログラムを展開しています。
 本校では、「女性キャリア」を始めとして、すべての学校教育活動を通して、自分で問いを見つけて自律的に探究していく生徒を育てたいと考えています。本校で実施されている諸活動のハブ(ネットワークの結節点)となるのが、「女性キャリア」なのです。
 「女性キャリア」では、さまざまなプログラムを通して、協働的に探究活動を進め、学びに向かう姿勢や知的好奇心をはぐくむ土台作りをしていきます。「生徒たちに、しあわせな人生を歩んでほしい!」「多様な生き方や考えを受け止め、他者と協働して問題解決に取り組める生徒にしたい。」「一人ひとりが社会で輝く女性となってほしい!」そんな思いの詰まったプログラムです。

【構成的グループエンカウンター】対象:中1・中2・高1・高2

 素直で率直な自己表現と、それを互いに認め合う活動を通して、自分や他者への気づきを深めるプログラムです。取手聖徳女子中高が進める「新取手聖徳STYLE。」の協働的な学びを進める上での基礎作りをするプログラムでもあります。

【THE起業】対象:中1・中2

 1、2年生合同で、自分の興味に沿ってグループ分けをして、商品を開発します。
 このプログラムのミッションは次の5つです。

⑴グループで協力して起業・商品開発を成し遂げる。
⑵地域(取手市)で売れる商品の開発を成し遂げる。
⑶地域の起業人の方々の協力・連携を生かす。
⑷環境や人・社会に配慮したものづくりを目指す。
⑸この活動を通じて自分たちが成長する。

 プログラムのゴールは次の通りです。
⑴グループに分かれた「会社」のもと、商品開発をして10月の「聖徳祭」で販売すること
⑵さらに特に環境に配慮された商品は12月の「環境見本市エコプロ(東京ビッグサイト)」で販売すること

 時には、社内でもめごとが起こることもあります。問題に対処し、より良い方向に会社組織が向かえるよう、話し合ったり調整したりする中で、生徒たちは大きく成長しています。

【社会と環境】対象:中1

 環境について調べ学習を行います。また、環境にやさしい取り組みをしている聖徳学園の設備を見学し、環境を守るための取り組みを身近なものとしてとらえ、日々の実践に繋げます。

【演劇】対象:中3

 3年間で培った、皆で協力して何かを創り上げる力を発揮する集大成のプログラムです。教員はなるべく手を貸さず、口を出さずに見守ります。さまざまな問題に直面し、一つひとつ解決しながら、自分たちの力で最後までやり遂げることを大切にしています。

【ビーイング(学級の約束)】対象:中1・中2・高1・高2

 より良い集団を形成するためには、ルールとリレーション(関係性)が必要です。年度の初めに、学級ごとに自分たちのルールを自分たちで考えます。他者の思いを想像し、皆が過ごしやすい環境を考え、1年間の授業や行事への取り組みの基礎とします。

【コミュニケーション・スキル】対象:中1・高1

 相手を否定したり攻撃したりせず、相手を尊重しつつ自分の要望や意見を相手に伝える、アサーティブ・コミュニケーションの手法を学びます。

【ストレス・コーピング(ストレスへの対処法)】対象:高1

 心理学の手法を生かした心の教育で、強く豊かな心を育みます。コラム法の紹介では、マイナスの感情が物事のとらえ方、考え方から生じていることを学び、心の反応(考え方、行動、感情)を修正する方法を学びます。

【インターンシップ】対象:高2

 およそ50の企業・事業所のご協力のもと、高校2年の夏休みに2~3日間のインターンシップ(職業体験)を行います。「働く」ことを実体験できる貴重なプログラムです。
 終了後、それぞれの体験をまとめ、プレゼンテーションで発表します。体験を共有し合うことで、学びが広がり、自らの活動を振り返る機会となります。このインターンシップを通して感じたこと・考えたことが、卒業後の進路選択にも繋がります。

【卒業レポート】対象:高2・高3

 女性キャリア教育の集大成。10前後のゼミ(分野)に分かれて研究活動をした後、小テーマを掲げてレポートを作成します。自らテーマを掲げて主体的に取り組んだ学習の成果は、AOや推薦などの大学入試でも生かされています。

【進路ガイダンス】対象:中1 ~ 高3

 学習への取り組み方・文理コース選択・進学に関すること等、テーマは多岐に渡ります。その学年、その時期に必要な進路情報を計画的に提供します。