• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close

美女と野獣…桜観察日記②

大田 萌子 2021.01.23

10月24日にブログに投降した、桜の盆栽。

冷蔵庫での冬眠期間を経て、種を植えてみました。

日光も入りあたたかい、入試広報室で発芽までしばらくお世話になっています。

無事発芽しますように…!

 

さて、1月11日に、音楽科の卒業演奏会が無事終了しました。

コロナ禍の中、関係者のみに公開という形とはなりましたが、

素敵なドレスに身を包み、生徒達も晴れやかな顔で、集大成となる演奏を

披露していました。

その、演奏会の際に、音楽科の皆から、素敵な花束をいただきました。

その中のバラがとても綺麗だったので…

シリカゲルを大量購入し(サスペンス大好きな私、何故か購入の時科捜研の女のBGMが脳内に流れていました…)

初、ドライフラワーを作ってみました。

 

吊るして乾燥させるドライフラワーと違い、色が落ちないのがシリカゲルで製作する

ドライフラワーの特徴だそうです。とてもきれいに乾燥させることができました。

なんだか美女と野獣に出てくるバラのようですので、音楽準備室にきれいに飾っておこうと思います。

 

美女と野獣…ということで、何年か前に主人とリリースしたCDの中に収録した

”美女と野獣の対話”の音源を貼ってみます。

フランスの作曲家、ラヴェルの《マ・メールロワ》という曲集の中の1曲です。マ・メールロワとは、

マザーグースの事で、眠りの森の美女、親指小僧などのタイトルのついた連弾のための作品です。

美女と野獣の対話は、楽譜冒頭に美女と野獣の原作からの引用が書き添えてあり、

曲もまさに対話のように書かれています。最後には魔法が解け、美しい王子が…!という

絵が目の前に浮かぶような美しい楽曲です。

(響きの関係で私が野獣のパート、主人が美女のパートを弾いているのは内緒の話…決して普段の力関係でパートを決めたわけではありません。)

 

もしよろしければほかの曲もぜひお聴きになってください♪