• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close
NEWS

皆既月食観測会🔭雲のかなたに見えない月を思い……

2021.05.27

スーパームーンと皆既月食が重なった令和3年5月26日(水)、理科のⅯ先生の企画による「皆既月食観測会」が開催されました。

参加したのは、中学2年生から高校3年生までの生徒と教職員有志の20名ほど。赤銅色のスーパームーンを楽しみに、18:30から1号棟の屋上に集いました。

 

残念なことに予報より雲が厚く、楽しみにしていた〝天体ショー〟を見ることはできませんでした。

代わりに見えたのは〝打ち上げ花火〟です。19時前後に牛久沼の方向で打ち上げられていました。

皆既月食の始まりを待つ間の小1時間、生徒たちは取手市街(JR常磐線 取手駅方面)の夜景を楽しんだり、写真を取り合ったり、かろうじて見える星を探し望遠鏡で覗いたりと、思い思いに楽しんでいました。

月を見ることはできませんでしたが、夜空が一段と暗くなり星が良く見えるように感じ、「皆既月食」を実感することができました。目的を達成することはできませんでしたが、楽しい時間を共有することができました。

夜遅くなる活動でしたが快く参加を承諾し、お迎えに来ていただいた保護者の皆さま、ご協力ありがとうございました。

最後に、Ⅿ先生からのメッセージです。「参加者の皆さん、ありがとうございました。残念ながら、曇っていて月は見えませんでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。また天体ショーがあれば、こうして観測会を開きたいと思いますので、その時はまたぜひ参加してください。」

次回、皆既月食とスーパームーンが重なるのは2033年10月8日です。12年後の生徒たちとの観測会では、ぜひ、リベンジを果たしたいと思います。