• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close
  • 取手聖徳の特色
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報

卓545 … to more than I can be

水越 卓治 2020.03.06

今年の卒業証書授与式は、
昨日、3月5日・木曜日。


( 2020/3/5  12:44 )

しかし、月曜から長い臨時休業に。式の方も、
在校生の参列、吹奏楽部の伴奏は省略に。
ご来賓各位には丁重にご欠席をお願いし、
国歌・学園歌・式歌の斉唱は録音の再生に。
卒業生の式の練習も前日だけ(これまで本校では3日間)。

感染拡大防止を前面に押し出したバージョンで、
卒業証書授与式の準備は進められました。




( 式2日前 2020/3/3  8:39, 9:16, 9:50, 953 )

その前日は、寸法の確定。



( 2020/3/2  10:12 )

イスには、左右とは25cm、前後とは100cmの隙間を取ることに。



( 2020/3/3  10:09, 16:12 )

ちなみに、1年前の会場設営は、
一部学年の生徒と授業空きの教員で。



( 2019/2/27  9:10、3/2  7:52  イスの間隔も隙間無しでした。 )

感染が起きる確率を極小にとどめるための
時間的・空間的な制約を励行していく一方で、

例年に負けないパワーで感動的に送り出そうと、
何人もの先生方から、音楽・ICT・協働活動を
活用した発案が展開され、

限られた条件下で、出発日を構成する・・・、
そんな月・火・水曜が過ぎました。


( 3/5  8:30 )

式の模様を在校生に生中継。PCカメラは3か所。

視聴率は7割超。

そして何よりも、
録音再生する音楽の音源。

国歌と学園歌は、過去の入学式の定点録画。
しかも、3年前の2017/4/3(月)のものを
小塚先生が探して、CDに編集できました。

終盤の「蛍の光」と、卒業生退場時のBGMを、
教員全員で合唱した録音を流しましょうと、
こちらも小塚先生の発案で、火水連続で猛練習。

午前中に予行のあった水曜午後に、
「蛍の光」「You raise me up」「旅立ちの日に」の二部合唱は、
大盛り上がりの中、第2音楽室にて無事に録音。

長尾先生が音声を編集した完成版は、
天井の大スピーカーから熱気に満ちた音響で、
3A・6A・6B・6Cの皆の退場を送り出し、

退場し終わりと、曲の終わりと、緞帳閉幕がタイミングよく重なり、
保護者の皆様から拍手が揚がりました。

※ 本校Facebookから動画がご覧いただけます。
卒業生退場 1
卒業生退場 2

卒業生の皆さんも、ほんとうにわずかな練習時間で、
栄えあるセレモニーを完成させました。


( 2020/3/5  13:13 )

閉式から3時間後、
午前中大学受験だった6AのTさんが登校したので、


( 2020/3/5  14:42 )

会議室を式場に。
全教員、コの字に取り巻いて参列。
この模様も、下校した卒業生たちに、
チャットツール・Teamsの会議機能を用いて生中継。

みなさん、ご卒業おめでとう。


( 14:51 仲間からの声援もPCから漏れ聞こえる中、一人答辞の生中継。

確率論と観念論の双方に軸足を置いての
式の準備となりました。

「うまく挙行できるか」と思いながら朝は出勤しましたが、
でもそれはやはり杞憂でした。

その日、靄がかっていた田園も、
時季が過ぎるにつれ、また、苗や稲穂で彩られるでしょう。

( 2020/3/5  7:34 )

タイトルは「You raise me up」の歌詞の
いちばん最後のところから引きました。

「記事一覧」へのリンク

ARCHIVE