• 学校案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 高校入試
menu close

卓677 仲秋の候

水越 卓治 2022.09.16

9月の授業が始まって2週間。
夏休み中の課題のプレゼンです。
特に、今年の5年生(高二)は学年全生徒がアップロードし、
提出率は100%。自分には前代未聞です。


( 2022/9/13  9:03  5年A組 )

今や、課題はペーパーレス。
9割以上はプレゼンソフト(Powerpoint)で作成。

今年は4年生(高一)が新課程となったために、
5年生全員(地理A)、4年生全員(地理総合)に、
同じ内容で夏休みの課題に取り組んでもらいました。


( 2022/9/13  15:27  4年B組 )

発表内容の詳細はまた、
次号以降に抜粋をご紹介できればと思います。

お昼の全校給食「会食」、5日間の景。


( ▲ 2022/9/10(土) 配膳中の4年生。  ミートソーススパゲティ、シーザーサラダ、飲むヨーグルト、788kcal )

( ▲ 2022/9/12(月) 四川豆腐、海藻の中華サラダ、中華風トマトスープ 、674kcal )
( かつては中華の場合、献立表はALL漢字表記でしたが、最近はそうでもなく…。)


( ▲ 2022/9/13(火) 鶏肉のはちみつ焼き、ほうれん草とツナのごま和え、青菜としらすのご飯、725kcal )
( 主菜・副菜の共に、地味に長寿メニュー。数十年間、ときとどき出ています。)



( ▲ 2022/9/14(水) キムチご飯、揚げ餃子、棒棒鶏、卵スープ…6年B組考案メニュー )
( ある時期の卒業生の皆さんにはキムチご飯は垂涎のメニュー。キムチ・オンザライスではなく、肉入りキムチ炒飯といったところ。文化祭でも来校OG用に売られるほどです。)
( 今年の文化祭(第40回聖徳祭)も、ご来校は同居のご家族と、この日開催の入試説明会申込み世帯だけの限定公開となります。)


( ▲ 2022/9/15(木) 鶏肉のシトラスマリネ、ミネストローネ、マカロニサラダ、牛乳、738kcal )

なお、本日金曜日は研鑚日のため撮っておりませんが、
679kcalの鰆の西京焼き定食が出ていた模様です。

あと、9月の会食といえば、
「さんまの塩焼き」が出る日が一昨年か3年前あたりまで、
必ずありましたが、近年の漁獲高減少により寂しい限り。



最後の画像の食パンは、給食では定番の大手製パン会社さんの
トラックで運ばれてきます。
「世界の食パン」に加えて、
欧米系の女の子が食パンを丸かじりしている図柄は
昔と変わりません(調べてみると 1966年に開始したそうで、
モデルの女の子は東京在住の3歳児…来年還暦ですね)。

ちなみに、パンの製造直売店が学校のそばに
きょうオープンしています。

チラシが昨日、我が家にも届いておりまして…。


で、さっそく訪店。


( 2022/9/16  12:52  奥に見えるのは本校。以前、セブンイレブン取手山王店があった場所で、歌舞伎あられ池田屋さんと隣接しています。)


日立の味噌醸造店さんがパンを主力商品として取手に出店。
開店当日ゆえ、行列必至。パンの焼き上がりまでは、
テーマパーク張りの待ち時間を要するようでしたので、


きょうは、サイドメニューだけお買い上げ。

9cm四方で薄さ1cmのラスクは、
ミニ食パンといったようなフォルムで、
表面には微細な砂糖の輝きがかかっており、程よい甘味。
食事の一品で出されいてもよさげな風合いです。


夏休みの声も遠くなり、
結局は「食欲の秋」ネタにしがみ付いてしまいました。

いや、夏休み中の投稿の方も、あまりその傾向に
ちがいはなかったので、しがみ付きは懲りずに続いています。



「記事一覧」へのリンク
ARCHIVE

P.S.
きょうはわが家の畳の表を張り替えてもらいました。


( 2022/9/16  8:27  搬出時。今や20代前半となった我が家の2児が、リフティングやら縄跳びやらバスケットをして遊んでても一切止めなかった結果、畳はボロボロになり、だいぶ経っておりました。 )

先週の見積もり時に業者さんには、
藺草(いぐさ)を中国産か、国産かを選ぶ段で、
被災地・熊本県産品を是非とも購入したく…の意志を
お話ししておりました。


( 2022/9/16  15:57  搬入時に業者さんからいただいた、畳職人の方からの、使用した畳表の情報。)

そして夕方、業者さんが搬入に来まして、簡単にご説明が。
その中で、畳職人の方がこちらの上述の希望を聞いて、藺草を
ワンランク上げてくださったというのは、嬉しいお話。

表の織りは松竹梅の梅にて注文はしましたが、
その色つやと香りには何か、
生産、製造、調整の各サイドの方々と自身とのつながりや
温もりまでもが感じられたのは、予想しなかったことでした。
フローリング化ではなく、畳替えを選んで正解でした。

以上になります。