• 学校案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 高校入試
menu close

卓666 文 月

水越 卓治 2022.07.01

あっけなく明けてしまった今年のつゆ。


( 2022/6/30  7:46 ちなみに関東の梅雨は6/27(月)に明けまして。時計台の針だけ、あら残念…。)

学校は、火水木金と、期末考査期間でした。


( 2022/6/30  9:13  4年A組 考査3日目 )

全国的に今年の高校一年生の履修科目から登場している
若干キラキラ感のある科目名については
少し前にも言及しましたが、


( 2022/6/28  11:30  4年B組  「C英語Ⅰ」は「英語コミュニケーションⅠ」、「現代国語」は「現代の国語」。担任の増田先生は「化学基礎」の担当。 )

文科省の高校学習指導要領には、
令和4年入学生からの教科・科目はご覧の通りの記載です。


( 文部科学省HPより )

小・中学校とちがい、全国の各高等学校は、
これらを基に3年間の教育課程を独自に編成していますので、
高校間の転学は、必修科目の履修・修得をめぐって、
容易に結論が出すことのできない局面が表れたりもします。

とはいえ、正直なところ、始まって3か月、
「歴史総合」や「地理総合」はともかく、

「言語文化」「論理・表現Ⅰ」「科学と人間生活」などは
まだまだ「何の教科の科目だったっけ?」感が否めません
(ちなみに上掲の科目の教科名は順に、国語、外国語(英語)、理科、になります)。

そして先日は、割り振られた試験監督に出向く科目が…、

でした。

ちなみに本校では高校1年生の理科は、


( 4年B組の時間割(正式には授業割振編成表)の再掲です)

「科学と人間生活」が2単位と
「化学基礎」が2単位となっております。
これについて年度当初はなんとも思っておりませんでした。
ちなみに、体育や芸術の先生は、「科学」と「化学」の表記を
混同しがちなのは、昔も今もなぜだか変わりません。

しかし、考査期間も近づくと、4年生(高1)の会話の中に、
この2科目の名が不思議な呼称で交わされていることに
気付きました。

かなに換えると、
「かがくとにんげんせいかつ」に、
「かがくきそ」。
耳では「かがく」までが同じです。

そこで、昼休みと5校時の間にある掃除の時間や、
授業前後の時間での雑談で聞き取ってみますと、

「化学基礎」は
「カキ」と呼んでいる模様。

「科学と人間生活」に至っては、なんと、
「カニン」派と
「ニンゲン」派の二派が存在することが判明。


( 掃除の時間中に、雑談しながら書いたもの…。@地理部屋 )

定期考査期間中の生徒の会話あるあるで、
「あー、物理終わったー」「古典終わったー」
などと、受験前に謙遜交じりで実力に対する不安を
口走ってみちゃったりなんかするのは、
私の頃(1980年前後)とさほど変わっていないのですが、

でも今回実際に、

「あー、ニンゲン終わったー」

などと、これも試験前に豪語する4年生の声を耳にすると、

禁じられたお薬からの離脱を呼びかける、
ACの名CMコピーも思い起こしもし、
若干見悶えるものがありました。


( 2022/6/27  12:49  この日は、鰆の南蛮漬け、切干大根の煮物、なめこ汁。外食でもあまり見かけないこの手の献立もなかなかいいです。)

*  
今年度の4分の1がひとまず過ぎた感じでしょうか…。


そんな中、木曜日の教員朝礼で訃報をうかがいました。

2001(平成13)年度から2年間本校で校長を務められた、
渡邊雄一先生が、6月25日に、
逝去されたというお知らせでした。

茨城の県立高校で尽力されたのちに赴任された本校にて、
授業を受けたことのある卒業生もいることと思います。

地理がご専門で、茨城県高等学校教育研究会地理部
(おもに公立高校の地理の先生方の研修組織)にて、
精緻な研究資料に多くを学ばせていただきました。

2003年春の本校退職後も、
お住まいの守谷市の教育にもご尽力をされる中で、

諸外国からの青少年との国際交流事業において、
日本文化や日本の高校生との接触・体験のための
立ち寄り先に本校を選んで実践していただいたり、

聖朋会(本校の同窓会組織)主催の合同同窓会にも、
秋の聖徳祭(文化祭)にも足を運ばれ、その際、受付などで
笑顔で「調子はどお?」と声をかけられましたっけ。
もちろんのこと、身の引き締まる場もありましたが、
当時の生徒たちからはその笑顔から「プリティ長嶋」と呼ばれたりも…。

お世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。

「記事一覧」へのリンク
ARCHIVE