• 学校案内
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 高校入試
menu close

卓661 半袖・短パン・ノーマスク

水越 卓治 2022.05.27

本日昼前は、大雨でございました。


( 2022/5/27  11:06  体育館棟3階から北方、第2グラウンドを臨む景。 )

 

校地外側に広がる田園の景は雨に煙って遮られ、
いにしえの台場より江戸前の海原を臨むかのような絵面。

とはいえ明日はいよいよ、第40回 体育祭です。
…しかも、3年ぶりの有観客での開催。

その、3年前の画像を見ますと…。

( 2019/6/8  10:19 )

6年生(高三)定番種目、「棒引き」。

( 2019/6/8  10:20  相手側に持っていかれまいとしがみつく景にこの競技に漂う機微を感じます。 )

「なんもいえねぇ」種目の、不動の一位と言えましょう。

リア充の生徒は、彼氏を招待して、
この種目における我武者羅な様子を観覧してもらった後に、
この先 吉と出るか凶と出るかが何とも些かハラハラですが、

…でも、大丈夫。

「今年の体育祭の観覧は…、 在校生保護者・限定。」

というわけで、
あす土曜に備えて屋内での予行が行われた今日、
この伝統種目「棒引き」の様子を見てみますと…、

竿の代わりに、縄。


( 2022/5/27  11:36  6年生「棒引き」予行のスタート、0.5秒前の景。 )

グラウンドで使用する、二、三十本もの竿の使用は、
体育館の床のケアを思ってでしょう、屋内持ち込みは、無し。

とはいえ、
たとえパーツが代われども、


( 屋内とはいえ、縄とはいえ、こちらの景もまた機微ざんす。)

両団選手の向かい合う姿に、妥協はありませんでした。

エキサイティング&フイーバー。

…それにしても心配なのは、
あす、雨上がりの晴天・炎天下で、熱中症に襲われること。

すでに、リレー等の疾走する種目や、
舞踏における表情を重視するダンス(5年生)は、
「半袖・短パン・ノーマスクで。」が呼びかけられています。


( 2022/5/27  11:47   5年生ダンスの予行(ノーマスク)。手前で観覧するのは4年生。)

( ↓ 2022/5/27  12:01~12:02 「当日は必ずノーマスクで」の条件下で、対抗リレーの予行。)



「半袖・短パン・ノーマスク」。

形容部分の言い間違えをせぬよう呼びかけるこの文言を前に、
私も今日は、ノーマスクでいる時間を多くとりました。

多くの生徒たちは、ひとたび組織的に定着した「習慣」を、
簡単に変えようとはしないように思えます。とはいえ、
ひと月後には状況が一変しているのかもしれませんが。

教員側から(マスクを)とってみせないと始まらないかなと
思いながらウロウロとしていますと、納得できない顔をする
生徒はいませんでしたが、もの珍しげな視線を幾秒間か投げか
けられる場はありました。でも、不快ではありませんでした。

それどころか、私の顔の下半分を見慣れていないためか、
「先生の顔、初めて見ました~。」(??!!)
と感想をもらす(言いたいことは解る)生徒が数名いました。
コロナ禍明けのカタルシスとなればよいように思います。

まわりの大勢に合わせて生き続けてゆきたい人々と、
あるべき状況のために諸要素を吟味・検討しながら判断して
ゆきたい人々との間で生じる相互不理解こそが、

「日本国」流の差別意識が生まれいずるところとなっている
のかもしれませんが、
随時これを見守り、
策を講じ合う姿勢が求められているような気がします。

体育祭ウィークのおひるは、スケジュールを配慮して、
お箸の持参を要さないメニューが続きます。
ビッグカツを思わせるカツカレーも、「学校給食あるある」。


( 2022/5/27  12:53 )  

みんなで摂る食事こそ、活力の源。
黙食解除の日も、近いのかもしれません。

「記事一覧」へのリンク

ARCHIVE