• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close

こぶしの花が満開です🌸

張替 起子 2021.03.12

昨日 3月11日(木)に、久しぶりの全校集会がありました。2011年3月11日 14時46分に発生した「東日本大震災」から10年、明和会(生徒会)の生徒たちからの提案で、企画された集会でした。

全員で黙禱を捧げた後、「語り部」として震災を語り継ぐ活動をしている大学生の動画を見ました。震災を風化させないのみならず、「未来」をしっかりと見つめて語る若者たち。生徒たちは食い入るように見入っていました。

東日本大震災は、5年生(高校2年生)たちが小学校1年生の時の出来事です。明和会長の藤田さんは、「帰りの会の途中に大きな揺れが来て、校庭に避難しました。」と当時の様子を振り返っていました。

多くの尊いいのちが犠牲になり、被災されて未だ苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。「禍福は糾える縄の如し」と言います。苦しい思い・辛い思いをたくさんされた方々に、心穏やかな日常がいつまでも続くことをお祈りしています。

さて、前回の blog でもご紹介しましたが、生徒玄関前の右手・職員室前の植え込みに大きな辛夷(こぶし)の木があり、次々と花を咲かせています。ここ数日の暖かさもあって、満開に近づいてきました。

凛と白く輝くこの花を見ていると、不思議と落ち着き、心洗われるような気がします。そして、「私もがんばろう!」と前向きな気持ちになるのです。

明日は、学年末保護者会が予定されています。強い雨が降るとの予報もありますが、保護者の皆さま、ぜひ、ご来校ください。満開の辛夷の花と共にお待ちしています。