• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close
  • 取手聖徳の特色
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報

オンラインインターンシップ📡続報 ~ 卒業生たちの協力

2020.09.17

5年生(高校2年生)が,特別な教育課程「女性キャリア」の一環で取り組んでいる[ オンライン📡インターンシップ ]の続報です。

9月8日(火)の放課後からほぼ毎日,実社会で働く方々と学校とをインターネットで結んでいます。70名ほどの皆さまにご協力いただいて,生徒たちの学びを広げています。この取手聖徳女子中高を巣立った多くの卒業生たちも,積極的にご協力くださっています。

9月15日(火)の放課後も,2名の卒業生が生徒たちに,卒業後の進路や現在のお仕事について語ってくださいました。

お一人目は,つくば市の『榊原動物病院』で獣医として働くNさん。例年実施しているインターンシップでも初年度からご協力くださり,多くの生徒を受け入れてくださっています。

今回は,院長先生と看板犬のワノンちゃんと保護ネコのぐりちゃんも一緒に参加してくださいました。

生徒たちからは,「人間のお医者さんは専門分野が細分化されているが,獣医さんは犬も猫も小鳥も診察する。難しくないのか?」「獣医学部への進学の為に,在学時代,特に努力したことは?」等の質問がありました。一つ一つの質問に丁寧に対応してくださいました。

お二人目は,オランダにある『欧州みずほ銀行』で働くMさん。

Mさんは,筑波大学卒業後,イギリスのエジンバラ大学で経済法の修士号を取り,現職に就かれています。英語・日本語・ロシア語を自在に操る multilingual で,グローバルに活躍されています。

ご自身の経歴とお仕事について,詳しくお話ししてくださいました。生徒からの「高校時代,もっとしっかり勉強しておけばよかったと思うことは何ですか?」との質問には,「日本語の敬語です!」と即答されていたのが印象的でした。

制服は違えども,同じ学び舎で学んだ卒業生・そして生徒たち。これからも卒業生の皆さんを始め,多くの方々のご協力を得て,[ オンライン📡インターンシップ ]は続きます。