• 学校紹介
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報
menu close
  • 取手聖徳の特色
  • 中学校
  • 高等学校
  • 学校生活
  • 進路
  • 入試情報

イギリス語学研修 7月13日(土)コッツウォルズ巡り&英国人学生とのスポーツ交流

2019.07.15

今日の午前中は遠足です。バスに乗り込み、コッツウォルズ村巡りを楽しみました。コッツウォルズは、かつて羊毛産業の集積地として栄えましたが、産業革命時に土壌の問題で鉄道が敷けなかったことが原因で、発展することができませんでした。そのため、現在でも昔ながらの美しいイングランドの面影を残し、イギリス人からも“一生に一度は住んでみたいエリア”“イギリス人の心の故郷”として人気で、近年日本人からも注目を集める観光スポットです。

バスが通る道の左右には、イギリスのカントリーサイドらしい景色である、麦畑が広がり、時には牛や馬や羊たちが放牧されている場所もあります。心安らぐ、のどかな景色です。

まずはじめに、バイブリーを訪れました。この村は英国で有名なデザイナー、ウィリアム・モリスが「イギリスで一番美しい村」と称賛した村で、17世紀に建てられた家並みはコッツウォルズのカレンダーや本の表紙でお馴染みの景色です。小川には虹鱒が泳いでいて、鴨や白鳥も水浴びをしていました。日本ではめったに見ることのできない白鳥を目の前に、皆さんとても感激して川べりで沢山の写真を撮っていました。アーリントンローと呼ばれる築700年以上にもなるコテージの前で記念撮影をしたり、木陰が涼しい小路を散歩したり、「可愛い!」「(小川の水が)すっごいきれい。空気もきれいな気がする。」と、その美しさに皆さん驚いているようでした。

その後、「ボートン・オン・ザ・ウォーター」へ向かいました。

ボートン・オン・ザ・ウォーターはコッツウォルズの“ベニス”とも呼ばれ、町の真ん中には川が流れ、コッツウォルズで採られたハニーストンと呼ばれる石で作られた家並みがとても美しい、地元の人からも愛される町です。今日はチャリティーのダック・レース(おもちゃのアヒルを川に流し早さを競うゲーム)が行われていました。みんなも橋の上から見物です。

その後のフリータイムでは、村を散策したり、ティールームでクリームティー(スコーンと紅茶のセット)を楽しんだり、お土産を買ったりと、皆、笑顔で集合場所に戻ってきました。

コッツウォルズ巡りの後は、学校へ戻り、現地英国人学生とのスポーツ交流です。
スポーツ交流では、日本人とイギリス人の混成チームをつくり、スポーツやゲームを楽しみました。それぞれがチーム名を考え、「CAT」「SUSHI」「OWL」「SCONE」「BIRD」という5チームに分かれて競い合いました。各チーム12人です。
チームビルディングのゲームを行った後、エッグスプーンレース(おもちゃのスプーンでおもちゃの卵を運ぶゲーム)、「2人3脚リレー」、「大縄跳び」と続きます。2人3脚の時には、英国人生徒とペアを組み「ワン、ツー、ワン、ツー」と一生懸命に息を合わせようとするものの、なかなか上手くいかないペアもあり、中には肩を組んで片足でケンケンしながらゴールした人もいました。
「大繩跳び」では、時間を決めてトータル何回跳べるかを競い合いました。練習時間がもうけられましたが、始めは8人のタイミングが合わずに1回を跳ぶのにも苦戦するチームもありましたが、徐々に“意気投合”して10回以上連続して跳べたチームがほとんどでした。
その後、「綱引き」では、お互いに“Come on!!”「頑張れ!」などと気合いを入れ大盛り上がり。綱引きの最後には、日本VS英国での対決!結果、日本の圧勝!!
グループ優勝は「CAT」チーム。表彰式には校長先生からお菓子が贈られました。一緒に体を動かし、共に楽しんだ今日の英国人との交流会は、貴重な体験となったことと思います。
また、今日と明日にお誕生日を迎える生徒さんたちに、みんなでハッピーバースデーを歌い、校長先生からプレゼントが渡されました。みんな「すっごく嬉しいです!」と、素敵なお誕生になったようです。
明日は、初めてファミリーと過ごす休日となります。
“ Have a nice weekend !! ”